SEO対策〜た行の巻

■ タグでのSEO対策

これについては、タグの種類によってそれぞれサブページに載せてます。
ご覧あれ〜

■ ディレクトリでのSEO対策

「はぁ?」(笑)かっこよく言うと”階層構造”
これがSEO対策において有利に働くかどうかは疑問ですが、気にしてる人も多いです。
ちょっとだけ説明をします。

『SEO対策大全集』もそうですが、《TOP⇒サブページ1・サブページ2…》といったホームページ。
つまり、”平面”的な構造なのです。
これをまず、《TOP⇒Aディレクトリ・Bディレクトリ…》などとします!
さらに《Aディレクトリ⇒サブページA1・サブページA2…》のように展開。(Bも同様)
わかりにくいでしょ?(笑)

「’TOP’を親」
「’ディレクトリ’は面倒見のよい長男・長女」
「’サブページ’はその他下の子供たち〜」
(笑)
つまり…
子供が10人(サブページ)いるとして、親(TOP)がそれぞれ直に面倒を見るのではなく、数人ずつ長男・長女(ディレクトリ)に任せる感じね。

ページがやたらに多いサイトの場合、見やすさを考えても必要かもしれない概念です。
ただし、ディレクトリなどのページ数が増えて喜ぶのは早計ね。(理論的に考えても)
さらに、Yahooではむしろマイナスとなったりもあり得ますよ。

■ 動的ページでのSEO対策

反対語は”静的”ね。
【動的ページ】っつーのは簡単に言うと、自動的に出来ちゃうページ。
わかりやすいのはブログね。
なんやかんや書くと、それ専用のページが出来ちゃうでしょう?
URLを見ると大体わかります。[?]入りだったり、あとはヤケに長〜いのがそれ。
ホームページでもこういったことは出来る。

問題となるのは、この【動的ページ】に関し、検索エンジンがどういう評価をしてるのかです。
いろんな意見がありまして、”静的”なものに比べればマイナスという考え方が主流か!?
わたしもそう思いたいですが、そうでもない感も…
パワーのある動的ページもたくさんございますしね。
あいまいでごめんね!(笑)

■ 独自ドメインでのSEO対策

ホームページをやる場合、いくつかのやり方がございます。
【独自ドメイン】と【借り物ドメイン!?】が主なもの。

たとえばですが〜、借り物?のホームページをYahoo!へのSEO対策でやる場合は…
http://www.geocities.jp/seosyokyuu/
↑こんな風になっちゃいます↑
つまり、「Yahooのgeocitiesマンションの住人であるseosyokyuu君」
まさに借り物だ!(笑)

ところが【独自ドメイン】を取れば…
http://www.yahoo.co.jp/
お察しのとおり、堂々と「Yahoo!」

さて、SEO対策としてはどっちが良いとか言うものではありません。
geocitiesマンションの住人になるのも良し!
が、やっぱり本気度の高いホームページをやるのなら独自ドメインとなるでしょう。
いろんな意味で…(たまには濁してみるわ・た・し)

ま、最大の理由として、検索エンジンの表示が同ドメイン内で2つのみというトコ。
たくさん理由があるものでして、このへんでお許しください!
【独自ドメイン】も年間数百円で取れる時代ですし、気楽に取りましょう〜

※ 私のサイト〜『SEO対策大全集』(た行の巻)の情報ですが、ページ内容は個人的見解を書いたものでございます。
わたしの検証などを基本としておりますが、リンクのことなど…そうでないものも含まれることでしょう。
ご自身においても重ねて検証をしてください〜



先頭へ戻る⇒ |SEO対策大全集