SEO対策〜ま行の巻

■ ミラーサイトって?

評価されない??これは、やってはいけないYahoo-SEO対策としてよく知られてますが…
まともな意味での【ミラーサイト】は、主としているホームページが何らかのダウンに陥った場合用の予備ね。

ここでやってはいけないのは、検索エンジンの上位部分を独占するような目論見です。でもこれはできません。 あの、何らかのキーワードにて検索した時、同じドメインのホームページが何個も出てこないようにしてあります。
たとえばYahoo!検索エンジンの場合、仮にこの『SEO対策大全集』が大人気♪だとしても(笑)、
検索エンジンの結果にサブページ含め2つまでしか出てきません。
これは、同じドメイン(同一人物とか)で上位を独占しないようにするため。
見る人のことを考えたのだそうよ。そんなに同じサイトのデザインをおすすめしたらおしゃれなSEO対策が出てきます。シンプルな感じで評価されます^^

そこで、悪知恵の働く人が上位を独占しようとする…
ま、ここまでは上で書いたように”予備用”とも見れる。
しかし、その予備用(違うドメイン)からエゲツナイ感じで主サイトにリンクしてたら評価は上がらない。(反則と言わざるを得ないでしょう。)
YahooやGoogleからそのような評価をされる前にやめてください。

■ 作成だとかの場合は単語を絞りましょう?

「‘自分でサイト作成’をする時SEO対策におきましては単語が重要です・・・」このようにほどよくでよいわけです。 分散理論からして、サイト内のページではデザインなどの単語はできるだけ絞りましょう。それが自分でサイト作成をするということ。 SEO対策でも自分でその相互リンク募集の量?!。
からして、もしくはどっちかが表示されればいい〜!? 『自分で作成』ということで〜SEO対策  (ここでも被リンクのチェックや評価の重要度が高いのはパワー分散理論になります。)

■ メタタグを入れておきますか…

ホームページの最上部のほうに書かれているが〜
meta name="description" content="これはSEO対策の大全集ですのでどうぞよろしく〜"
meta name="keywords" content="ま行・・・"

よく聞かれるのが⇒「ヤフーの検索エンジンには効きそうだぜぇ〜!」ってこと。
Googleにおいても、なんか調べようとすると【"description" content】出てくるし…
とりあえず、メタタグを入れておきますか。。

でも入れなくても大きくマイナスになるようなことはない!?
これはyahoo!検索エンジンへ向けてのメッセージ的なものだと言うだけのことかも。
どうしても気になり眠れないほどの方は入れておきましょうサイトの作成でも?(笑)

上記以外にも用途はありますがここでは省きます。
(他のタグと同様に1種類ずつで良いのではと考えております。)
やはり入れなくてもいいというのは間違いないです。
Yahoo!検索エンジンの場合はSEO対策に関係ありません…

※ 私のサイト〜『SEO対策大全集』(ま行の巻)の情報ですが、ページ内容は個人的見解を書いたものでございます。
わたしの検証などを基本としておりますが、リンクのことなど…そうでないものも含まれることでしょう。
ご自身においても重ねて検証をしてください〜


YahooへのSEO対策を中心に書いていきます〜
先頭へ戻る⇒ SEO対策